グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  新着情報 >  小土橋 陽平准教授の研究が日本経済新聞(県内版)で紹介されました

小土橋 陽平准教授の研究が日本経済新聞(県内版)で紹介されました


小土橋陽平准教授の研究が,日本経済新聞(令和3年5月11日,県内版,静岡発 私の提言)で紹介されました.抗生物質が効かない薬剤耐性菌の出現は,世界共通の課題であり,2050年には関連する死者数が世界で年間1000万人にのぼると予測されています.小土橋研究室では,合成した新規なカチオン性高分子が薬剤耐性菌のひとつであるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を始め様々な細菌・真菌に対し抗菌性を示すことを明らかにしました.現在、医工連携のもと創傷被覆材やマスクなどへの製品化を進めています.

小土橋准教授の研究室の紹介ページ