グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  各コース紹介 >  環境新素材コース

環境新素材コース


自然科学の基礎から学び、環境科学の視点から素材の研究開発に挑む。

環境新素材コースは、私たち身の回りにある様々な物質に関する基礎的教育と、それら材料の環境問題における役割を意識した教育プログラムを組んでいます。物質を見るしっかりとした基礎を築くために、まず、物質の構造とその性質などを幅広く学び、その基礎教育の上に、多くの応用分野をもつ半導体,誘電体、磁性体、あるいは触媒材料などについて専門的に学べるコース内容となっています。さらに、物質生命科学科の1コースである利点を生かして、生命との関係、すなわち、環境問題やバイオマテリアルについても講義や実験を通して幅広い知識が得られるよう配慮されています。卒業後は素材メーカーや化学工業などの技術者や大学院進学など様々な分野で活躍しています。
 



コースの特徴

少人数教育による”理解させ、手を動かする教育”の実現。

重要な科目には、科目ごとの少人数クラスによる演習により、「理解させる教育」を目指します。さらに、選択性の少人数上級コースを用意して、高度な内容も丁寧に指導するシステムをとっています。また、環境関連のテーマを含む多くの実験科目により、低学年から卒業研究まで、実際に「手を動かし、頭を働かせる教育」にも力を入れています。意欲ある学生を育成し、企業の有能な技術開発者、さらに研究開発者を養成できる教育を目標としています。

優れた学習環境。

コース内の各教育科目には、エネルギー新素材・環境新素材を研究している教員が配置され、授業から卒業研究、さらに大学院教育まで連続した指導が受けられるような体制が組まれています。また、実験科目では本学機器センターに設置された最先端の優れた研究機器を利用した実験もあり、意欲ある学生であれば、多くの有益な教育、指導を受けられるように配慮されています。
将来の進路

  • 化学関連
  • 繊維関連
  • 農業関連
  • 研究機関
  • 環境関連
  • 本学大学院
  • 他大学大学院

環境新素材コース 山本宜秀

大学はよく考えるところ。 高校時代では時間の制約もあり「どうしてなのか?」「なぜなのか?」という疑問に関して解消することが困難でした。対して大学時代は高校と違い、疑問があったら少し立ち止まってじっくり考える程度の時間は十分にあります。立ち止まって大いに考えましょう。もちろん一人で考えてもいいですし、友人と議論してもいい。教授に聞いても良い。学問は自由です。
物質生命科学科は、自分で視野を狭めないで広く学ぶところ。 物質生命科学科という分野自体幅広く、生物学から遺伝、細胞、あるいは磁性体や半導体、触媒から結晶など多岐にわたります。途中で私は環境新素材コースへと行きましたが、それでも広範な範囲です。さらに高校時代では生物は生物、物理は物理と分野が分かれていましたが、大学ではその区切りがなくなっていきます。なので「研究は生物分野をやりたいから生物だけやればいいや」などと思わずに、貪欲に他分野に関しても広く学ぶと良いでしょう。一見別々の分野だと思われたものが、必ず繋がっていきます。

授業の紹介

物質の構造

構造から物質の特性を探る。

結晶の構造、回析、結合
原子の周期配列を理解し、代表的な結晶の構造や理想的でない結晶について学びます。希ガス結晶、イオン結晶等の結晶結合や結晶による波の回析、弾性的性質についても学び、素材解発の基礎を築きます。

新素材最前線

未来のために新素材を学び考える。

題材は話題の新素材
レアメタル、レアアース、リチウムイオン二次電池、ケイ素銅板等、現在の技術に欠かすことのできない新素材についてその特性を理解し、これらの素材をめぐって社会が抱えている問題について考えていきます。


4年間の履修科目イメージ

令和3年度以降の入学生

1年次 2年次 3年次 4年次
専門科目
(○は必修、緑字はコース必修)
○物質生命科学概論
○基礎生物学
○基礎化学
○基礎物理学
○基礎生化学
○基礎無機化学
○基礎有機化学
○力・運動・エネルギー
○材料科学
○生化学
○基礎分析化学
○基礎物理化学
○有機化学
○無機化学
○電気と磁気
○機器分析
○有機合成化学
○物理化学
○物質生命科学実験
材料科学
食品栄養機能学
○量子力学
○物性論1
○環境新素材実験1
○バイオマテリアル
○環境・エネルギー材料
○環境新素材実験2

○高分子化学
熱統計力学
食品分析学
細胞生物学
応用熱力学
コンピュータ科学
量子化学
物性論2
生物有機化学
○卒業研究
○セミナー
化学工学
資源環境工学
生物工学
専門基礎科目
(○は必修)
○微分積分 / 演習
○コンピュータ入門
○理工学基礎実験
線形代数/演習
応用数学
理工系教養の数学
入門生物学
科学実験1
科学実験2
環境化学
○環境分析実験
微分方程式
フーリエ解析・ラプラス変換
ベクトル解析
物理2
プログラミング入門
コンピュータ構成概論
C言語
地球科学
工業材料とその性質
環境と新エネルギー
工業経営
品質工学入門
財務システム入門

令和2年度までの入学生

1年次 2年次 3年次 4年次
専門科目
(○は必修、緑字はコース必修)
○物質生命科学概論
○基礎生物学
○基礎化学
○基礎物理学
○基礎生化学
○基礎無機化学
○基礎有機化学
○力・運動・エネルギー
○量子力学
○生化学
○基礎分析化学
○基礎物理化学
○有機化学
○無機化学
○電気と磁気
○機器分析
○有機合成化学
○物理化学
○物質生命科学実験
材料科学
食品栄養機能学
○物性論
○環境新素材実験1
○熱統計力学
○固体の電子論
○環境・エネルギー材料
○環境新素材実験2

○高分子化学
食品分析学
細胞生物学
応用熱力学
コンピュータ科学
量子化学
バイオマテリアル
生物有機化学
○卒業研究
○セミナー
化学工学
資源環境工学
生物工学
専門基礎科目
(○は必修)
○微分積分 / 演習
○コンピュータ入門
○理工学基礎実験
線形代数/演習
応用数学
理工系教養の数学
入門生物学
科学実験1
科学実験2
環境化学
○環境分析実験
微分方程式
フーリエ解析・ラプラス変換
ベクトル解析
物理2
プログラミング入門
コンピュータ構成概論
C言語
地球科学
工業材料とその性質
環境と新エネルギー
工業経営
品質工学入門
財務システム入門